コラム|桶川市加納で歯科をお探しの方はふちがみ歯科医院まで

お電話での予約・お問い合わせ048-728-1182
[診療時間] 9:00~13:00 14:30〜18:00
※最終受付17:30
休診日:木曜・日曜・祝日

WEB予約
アクセス
電話予約

コラム

コラムCOLUMN

インプラント治療のリスクとは?安全性の高い治療を行うためにできる対策

こんにちは。
桶川市の「ふちがみ歯科医院」です。
 
インプラントは、歯を失った方でも、しっかり噛める歯を取り戻せる歯科治療です。
けれども、インプラント治療には、いくつかのリスクが存在しているのが現状です。
今回は、インプラント治療に行う際のリスクはどのようなものがあるのか、また、そのリスクに対する当院の対策を説明します。
 
 

インプラント治療に関連する3つのリスクとは?

インプラント治療を始める前に、どのようなリスクがあるのかをしっかり知っておきましょう。
 

【リスク1】インプラント周囲炎

インプラントの治療後、一番注意したいのが「インプラント周囲炎」です。
インプラントは、人工の義歯なのでむし歯にはなりません。
けれども、歯周病に似た症状の「インプラント周囲炎」に感染する恐れがあります。
 
「インプラント周囲炎」は、セルフケアや歯科でのメインテナンスを怠ることで発症します。
お口の中が不衛生になって、増殖した細菌が歯ぐきとインプラントの間に入り込み、歯ぐきの腫れや出血を引き起こすのです。
悪化すると、インプラントを支えている顎の骨が破壊され、インプラントがグラついたり外れたりすることもあります。
 

【リスク2】顎の骨不足によるインプラントの脱落

インプラント治療で重要なのは、顎の骨の状態です。
顎の骨が薄かったり骨の密度が不足していたりすると、インプラント体が顎の骨から抜け落ちる恐れがあるのです。
 
また、インプラント体の先端が顎から突け抜けたりするケースもあるため、術前に顎の骨の状態をしっかり把握する必要があります。
 

【リスク3】インプラントの緩み

インプラントが緩む原因は、

・顎の骨とインプラントがうまく結合していない
・インプラント体と人工歯を接続しているアバットメントが緩んでいる

など、さまざまなものが考えられます。
 
歯ぎしりや歯の食いしばりなどのクセで、インプラントに大きな負荷がかかっていると、インプラントの緩みにつながることがあるため、注意が必要です。
 
 

リスクを軽減するふちがみ歯科医院のさまざまな取組み

これらのリスクを軽減して、できるだけ長くインプラントを使っていただくために、当院ではさまざまな取組みを行っています。
 

・治療前に骨の厚みを確認する

治療前に、「歯科用CT」で骨密度や骨の厚みなど顎の骨の状態をしっかり把握し、的確な診断を行っています。
 
顎の骨が足りない場合は、骨造成を行い、インプラントが可能な状態の骨量を確保してから治療を始めます。
 


ふちがみ歯科医院の設備紹介 >

 

・定期的なメインテナンスを行う

インプラント治療後のメインテナンスは、非常に大切です。
定期的なメインテナンスが不足していると、インプラント周囲炎に感染するリスクが高くなると報告されています。


(参考:厚生労働省「歯科インプラント治療のためのQ&A」p.10⑥インプラント治療でのメインテナンスの重要性について) >

 
 
桶川市加納の歯医者「ふちがみ歯科医院」では、しっかり噛める快適な食生活を支えるためにも、インプラントを長くご使用いただけるよう、メインテナンスに力を入れています。
大学附属病院での勤務経験もある、日本口腔インプラント学会の専門医・指導医である院長が、地域の皆さんのインプラント生活をサポートしますので、インプラントをお考えの方は、お気軽にご相談ください。


ふちがみ歯科医院のインプラント >